ノルンと趣味の部屋(美少女ゲームの感想など)

えっちなゲームの感想なども書いています。 他にオススメする『抜けるアニメ』と『ボイス作品』などもご紹介。 300本以上(多分)のアニメを見てきた中からオススメのやつを紹介して行きたいと思います。 あとは気になった最新作とかも^^

はるいろ
はい!今回もはるいろはるこいはるのかぜについて感想を述べたいと思います。



~注意事項です~ (脳内では春風先輩ボイスで再生されてます


今回もいっぱいネタバレ要素を含んでいます。まだプレイしていない方はここより先へは進まない事をオススメします。





~真打ち登場!~

前回では『リグ・ヴェーダ』の仲間になる事が成功した主人公。このまま敵サイドでお話が進むのかと思いきや、彼らのボスがついに登場しました。

まさか『
与一』(カーソルでなぞると見えるよ)が敵側のボスでありあっさりと自分が『魔眼のユーザー』だと暴露していました。

声のトーンは2作目までと同じ明るい感じなのですが、その口調で殺すなど簡単に言う所が『こいつは本物だな』感がとても漂っていました。

敵サイドからすぐに味方サイドである『ヴァルハラ何ちゃら』に自動的に戻ってくる主人公。
そして圧倒的な力の前に破れる仲間一同・・・

さてここからどうなるのやら・・・





〜各キャラクターの関係〜(3作目序盤段階)


チームA『ヴァルハラ・ソ何とか』

・主人公     特異点別の世界線で起きた過去や未来を知る事が出来る能力『オーバーロード』?
・みゃーこ先輩  相手の所有物(記憶までも)を盗む・意外と強力 敵にとって厄介?
・天ちゃん    存在その物を消す事が出来る力
・希亜ちゃん   ジ・オーダー(時間を止める力?)(発動に時間がかかる)チームリーダー
春風先輩    想像を具現化する能力←これは強力


チームB『リグ・ヴェーダ』

・与一    
魔眼のユーザー(複数のアーティファクトを所持)
・司令官   眷属能力は与一の2割ほど

・ゴースト  眷属能力は与一の?割ほど 良く与一に似ている



・ソフィ   ラストでどっちの味方なのかわからなくなる?




~最後に~

ついに本当のボスが登場した本作品。ここからどのように進みどのような結末を迎えるのか。今の私には想像がつきません。

『石化事件』の犯人のアーティファクトを盗めれば良いと思っていた1作目と違い、壮大なバトルがこれから始まるのではないか。そんな感じがするストーリーでした。


では今回はこの辺でまたー(*゚∀゚*)ノシ


プレイしてみたい方はこちら(DL版)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット